医療系求人情報サイト「関西ではたらくナースたちへ」

関西と大阪の看護師の求人状況

医療系求人現在多くの病院では、看護師の慢性的な人材不足に陥っています。それだけでなく、入職後の離職率も高く、転職支援サービスのアンケートによると、看護師の79パーセントが転職の経験があると答えました。非常に転職率の高い職業とも言えます。特に関西においては、離職率が全国平均を上回る状況が続き、看護師たちからは自分に合った病院がわからないというような声が上がるなど、「就職のミスマッチ」が問題になっています。
転職理由の一番が、職場の人間関係です。他の理由としてはスキルアップのためであったり、給料の待遇など環境面を改善したいということによるものです。どの病院でも看護師不足とは、看護師たちに大きな負担を与えます。高齢化社会や医療技術の高度化が影響し、仕事の量が必然的に多くなるからです。そこで、負担の軽い職場を求めて転職をするのです。大阪は病院数が全国的に多く、大病院や企業立病院など内部の勤務形態がしっかりしている病院が多いのが特徴です。そういった病院は応募者が多く、転職先としても人気が高い傾向にあります。

関西地区の看護師の転職状況

大阪以外の関西地区では、京都は都市部に看護師求人が集中しています。京都市内の求人が圧倒的に多いです。また宇治市、長岡京市、舞鶴市でもニーズが高く、軍部になると極端に減っています。日勤のみの病院が多いので地元の看護師の定着率が高いからです。兵庫の求看護師人は神戸市付近、姫路市近辺の都市部に多く集中しています。大学病院、総合病院も多く、地域によっては造船所や製鉄所も多いので企業立病院が多いので転職する看護師に人気です。奈良での看護師不足は深刻で主に大規模病院で人員確保に注力しており、奈良市、天理市で多く求人があります。
和歌山も多くの病院があり看護師不足で常に多くの求人が出ています。隣県に求人数の多い大阪があるので県北部では大阪で探す看護師も多いです。滋賀は琵琶湖を中心に7つの地域に分かれていて、京都に隣接する大津市は医療機関の大きな地域です。3つある県立病院をはじめ大規模病院がありますが、個人病院の診療所もたくさんあります。